美肌に高い効果があるビーグレンですが、アレルギーや副作用が心配ですよね。

美肌効果を期待して使用したのに、肌が荒れてしまっては意味がありません。

そこで今回は、ビーグレンにアレルギーや副作用の心配はあるのか、調査してみることにしました。

ビーグレンを安全に使用するためにも、まずはこちらをチェックしてみてください

1 ビーグレンに含まれる全成分

ビーグレンのトライアルセットには、クレイウォッシュ(洗顔料)QuSomeローション(化粧水)、Cセラム(美容液)QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム)QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の5つが入っています。

これらの全成分を紹介したいと思います。

クレイウォッシュ(洗顔料)の全成分
水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール
QuSomeローション(化粧水)の全成分
水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na
Cセラム(美容液)の全成分
PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7
QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム)の全成分
水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na
QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の全成分
水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

 

ビーグレンのトライアルセットの全成分は、このようになっています。

使用する前に、アレルギー反応が出てしまう成分が含まれていないか確認をしてから購入するようにしてくださいね。

 

2 ビーグレンにはアレルギーや副作用の心配はある?

頭を抱える少女

ビーグレンは肌に優しい化粧品なので、過剰にアレルギーや副作用を心配する必要はありません。

ですが、肌質は人それぞれ違うので合う合わないが必ずあります。

ビーグレンの使用中に肌に赤みや痒みなどを発症してしまった場合は、すぐに使用を中止するようにしましょう。

しばらく経っても症状が治まらない方は、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

3 ビーグレンをアレルギーや副作用の心配なく使用できた方の声

人のシルエットと吹き出し

美容効果が高いと聞いていたので、副作用の方も心配だったのですが、問題無く使用することができています。
ハイドロキノンが刺激の強い成分だと聞いていたけど、ビーグレンに配合されているハイドロキノンは独自の方法によって低刺激になっているとのことだったので、安心して使用できました。

 

ビーグレンをアレルギーや副作用の心配なく使用できた方の声には、このような評判があります。

ビーグレンに配合されているハイドロキノンは、QuSome化という独自の方法で配合されています。

そのおかげで、通常に比べ低刺激となっているんですよ。

これなら安心して使用することができますね。

 

4 ビーグレンのまとめ

ビーグレン トライアルセット

ビーグレンは、肌に優しいように作られています。

それでいて美容効果も高いので、きっと多くの方が気に入ることと思います。

肌質は人それぞれ違うので、全ての人の肌に合うという訳ではありませんが、多くの人がアレルギーや副作用の心配なく使用をすることができていますよ。

肌に優しいビーグレンで、ぜひ美容効果を実感してみてください。

 

おすすめの記事